【EV/海外】ソーラーパネルに覆われた電気自動車の予…

1:2019/07/01(月) 16:02:18.72ID:pXjv91x49 これぞ究極のエコカー! Lightyearがソーラー発電で走る電気自動車の予約受付を開始
https://techable.jp/archives/102313
2019/6/27
TECHABLE

写真:
https://techable.jp/wp-content/uploads/2019/06/fullsizeoutput_695b-300×225.jpeg
https://techable.jp/wp-content/uploads/2019/06/fullsizeoutput_695d-300×225.jpeg
https://techable.jp/wp-content/uploads/2019/06/fullsizeoutput_695f-300×225.jpeg

 今やどの車メーカーも電動タイプの開発に取り組んでいるが、
 オランダのスタートアップLightyearが手がけているのは太陽光で発電した電気を元に走る車。

 搭載するソーラーパネルでバッテリーをフル充電すれば720キロ走行が可能で、
 1年間に2万キロ走行できるだけの発電ができるという。
 同社はこのほど生産前プロトタイプ「Lightyear One」を発表し、プレオーダーの受付を開始した。

 ・5平方メートル分のパネル

 写真を見て真っ先に目がいくと思うが、Oneはルーフやフードがソーラーパネルに覆われている。
 実際には安全ガラスの下にパネルが埋め込まれていて、総面積は5平方メートルになる。

 このパネルでソーラー発電し、搭載のバッテリーを充電する。
 充電効率はというと、1時間で12キロ走行分の電気が賄える。
 会社で働いている間、駐車場に車を置きっ放しにするとして、8時間で100キロ近く分を充電できる計算になる。

 ・10秒で時速100キロに

 バッテリーは太陽光だけでなく、家庭や充電ステーションのコンセントにつないでも充電できる。
 なので、長距離を走る場合も安心だ。
 しかも走りながら発電・充電できるので、コンセントにつなぐ回数をかなり減らせる。

 加速性能はというと時速100キロに到達するまでにかかる時間は10秒。
 スポーツカーのレベルには遠いが、それでも日常で使う分にはまず十分だろう。

 電気自動車は環境に優しいことは間違いないが、ただその電気はエコ発電されたものでないケースは多い。
 エミッションを抑える車を充電するのに石炭発電による電気を使っていれば元も子もない。

 それにひきかえ、Oneは真にグリーンエネルギーだけで走らせることができる。
 ただし、価格は14万9000ユーロ(約1830万円)とスーパーカー並みで、普及を図るには価格がネックとなりそうだ。

 Lightyear
 https://lightyear.one/

 (文・Mizoguchi)

81:2019/07/01(月) 16:32:45.84ID:R1n50Rcj0.

暑そう

109:2019/07/01(月) 16:45:41.49ID:UNmeFFfI0.

プリウスの太陽電池とかあくまで補助だったもんな
この面積で1時間12kmとか絶対ムリ

137:2019/07/01(月) 17:08:49.54ID:dRbXy6Om0.

時速12キロ走行?

289:2019/07/02(火) 02:21:00.79ID:zmmlNs2y0.

天気さえ良ければ月曜から金曜まで停めておくだけで480km走れるからサンドラなら充分。浮いたガソリン代でローンは払えないけどな。

53 2019/07/02(火) 07:55:02.27ID:vsHlLZym0.

86:2019/07/01(月) 16:34:08.58ID:3RNQlxRY0.

北海道の冬では使えなさそうだ

コメント

↑コメントは名前欄が空白だと名無しになります。↑