【国際】異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム…

1:2019/06/30(日) 11:33:24.89ID:xdS9Q5Gj9 熱波に見舞われたドイツで上昇しているのは気温だけではない。怒りのボルテージも急上昇中だ。

ニュースサイト「ザ・ローカル」の報道によると、ミュンヘンを流れるイーザル川の川岸で日光浴をしていた女性たちに、1人の警備員がビキニトップを着けろと命じたことで騒ぎになった。女性たちは警備員の指示を拒否して日光浴を続け、他の場所で日光浴をしていた女性たちも次々とブラジャーを外して連帯を示した。

しかし論争はそこでは終わらなかった。ミュンヘン議会で、日光浴の服装に関する市の規定の改正が発議されたのだ。

発議に関わった地元「緑の党」のドミニク・クラウゼは、問題は何かを端的に語る。「男性はトップレスで日光浴できるのに、女性はできないというのはおかしい」

最終的に、日光浴のときの服装に関する規定は、男女とも「性器を完全に覆わなければならない」という文言で、事実上トップレスを容認する形で改正された。

ここ数日、ヨーロッパ中央部は熱波に見舞われている。6月26日の英BBCの報道によると、ドイツやポーランド、チェコで6月としては過去最高の気温を観測した。ミュンヘンでの気温は31.7度まで上がった。パリの気温は45度に達するという予報もある。

おかげでドイツは、国中が高温によるトラブルに見舞われている。高速道路「アウトバーン」では、高温によって道路がゆがむおそれがあることから、減速運転の指示が出されている。

ドイツ北岸のバルト海沿岸にある人気の観光地ロストックでは、高熱で鉄道の線路が歪んでしまった。線路の敷設業者が派遣されて、被害の修復にあたっている。

全文
https://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2019/06/post-12418_1.php
https://www.newsweekjapan.jp/stories/assets_c/2019/06/webw190628-topless-thumb-720xauto-162780.jpg

40 2019/07/03(水) 22:11:36.23ID:plrrZa7k0.

EVの加速が良いのは分かってる
問題は余計な交換費用もかからず何年と何万キロ安心して乗れるかが問題

390:2019/06/30(日) 21:53:05.08ID:5CdGTqo50.

メルケル「ふふっ、私も脱いじゃうわよ」

47:2019/06/30(日) 11:50:53.61ID:pngiHURd0.

日光に肌さらして暑いのが悪いとか頭おかしい
灼熱の大地に暮らす人はそうならんだろ

532:2019/07/02(火) 02:41:36.73ID:9z334di50.

ゴリラで勃つとかねぇわ

374:2019/06/30(日) 20:22:24.11ID:QsoWOO1u0.

>>364

違いは湿度なんだろな

コメント

↑コメントは名前欄が空白だと名無しになります。↑