量産4気筒世界最強車!メルセデスAMG CLA45登場 2.0l…

1:2019/07/05(金) 22:43:59.06ID:ofaOs3RE0
メルセデスベンツ CLA 新型、421馬力の「AMG45」発表…世界最強の量産4気筒
2019年7月5日(金)15時15分

https://i.imgur.com/n3Mcrix.jpg
https://i.imgur.com/rYVGFVF.jpg
https://i.imgur.com/hhVaA9i.jpg
https://i.imgur.com/uZ3JfdS.jpg
https://i.imgur.com/BmOvTRo.jpg

メルセデスベンツの高性能車部門、メルセデスAMGは7月4日、
Mercedes-AMG CLA 45 4MATIC+を欧州で発表した。
新型「CLAクーペ」シリーズの頂点に位置する高性能グレードとなる。

新型には、新開発の2.0リットルターボエンジンを搭載する。
メルセデスAMGによると、量産車向けの4気筒エンジンとしては、世界で最もパワフルという。

CLA45 4MATIC+の新開発の直噴2.0リットル直列4気筒ガソリンターボエンジンは、
「M139型」と呼ばれる。排気量は1991cc。新設計のツインスクロールターボチャージャーは、
低い回転域での最適なレスポンスと高回転域での高いパワー特性を兼ね備えている。

これに加えて、タービンハウジングを、並行に配された2つの流路に分割し、
排気流を別々にタービンに供給することを可能にした。
その結果、低いエンジン回転数でも高いトルクが得られ、
非常に優れたレスポンスを実現しているという。

また、メルセデスAMG『GT』の4ドアクーペの4.0リットルV型8気筒ツインターボエンジン同様、
コンプレッサーとタービンのシャフトに、メルセデスAMGの4気筒ターボとして初めて、
ローラーベアリング(ころ軸受)を採用した。ローラーベアリングは、
ターボチャージャー内の機械的摩擦を最小限に抑える効果を発揮する。
これにより、ターボチャージャーはよりスピーディなレスポンスを可能にし、
より速く16万9000rpmの最高回転数に到達するという。

(中略)
ターボのブースト圧は、1.9から2.1に引き上げられた。
これにより、M139型直噴2.0リットル直列4気筒ガソリンターボエンジンは、
最大出力421hp/6750rpm、最大トルク51kgm/5000〜5250rpmを獲得する。
標準バージョンに対して、パワーは34hp、トルクは2.1kgmの上乗せとなる。
0〜100km/h加速は4.0秒、最高速は270km/h(AMGドライバーズパッケージ)の性能を備えている。
(後略)
https://response.jp/article/2019/07/05/324140.html

96:2019/07/05(金) 23:39:24.88ID:VxuoKSb80.

近頃2キロとかのハイブーストも普通になりつつあるな

84:2019/07/05(金) 23:27:23.32ID:jq6Di9lk0.

AMGの縦グリル格好悪くない?

100:2019/07/05(金) 23:43:28.44ID:WlB3R6FL0.

ちゃんと排ガスクリアしてるんだろうな?!

106:2019/07/05(金) 23:49:00.82ID:SZPHkvPu0.

GTO NA AT フルエアロには勝てないだろうね

150:2019/07/06(土) 01:12:38.24ID:/+GsyWV40.

1Lでこういうの作れば

134 2019/07/06(土) 00:17:00.20ID:gXLO+wi+0.

いつになったら1500ccで1500馬力出せる市販車が出るんだ?

コメント

↑コメントは名前欄が空白だと名無しになります。↑