【吉報】青瓦台「我々の方針は、『無対策ではなく無対…

1:2019/07/08(月) 11:17:03.20ID:FaP8qXQi0
日本通に「通商達人」がいるとしながら日本の報復に対応できない青瓦台・外交ライン

(略) 金次長だけではない。鄭義溶安保室長は外交部で主に通商関連業務に
従事し、国会議員を経て文在寅政権の初代安保室長に引き立てられた。就任
初期から「対米外交をはじめとする韓半島(朝鮮半島)の状況にしっかり対処
できるか」という懸念はあったが、通商に対してだけは自信を見せた。
金次長の前任者である南官杓氏は駐日大使になった。青瓦台出身者を通じて
冷え込んだ韓日関係を解決するという文大統領の意図と解釈された。同時に
外交部第1次官に外交部の代表的な「日本通」と呼ばれる趙世暎氏を任命した
のも同じ脈絡だった。
外交街では「こうしたラインナップでも日本の報復措置の時期と方式を予想
できないのは意外」という指摘が出ている。青瓦台が報復の可能性を予想して
準備したとはいうが、正確な診断が可能だったとすれば実際に報復措置がなさ
れる前に米国に仲裁要請でもしていなければならなかったということだ。

実際に文大統領は日本の報復措置が施行される直前の先月29〜30日に
トランプ米大統領と首脳会談をした。首脳会談前は大阪で開かれた主要20カ国
(G20)首脳会議に参加し主要国首脳らと直接対話したが、日本の安倍晋三
首相とは「8秒間の握手」に象徴される短時間の顔合わせ以外には特別な意見
調整をしなかった。青瓦台は当時「日本が21日の参議院選挙を控えているため
会談は難しい。会談は選挙以降に検討できるようになるだろう」という話ばかり
繰り返した。
青瓦台高位関係者はこれに対し、「日本が事実上の報復措置を決めた理由は
政治的な背景のため。報復の方式が通商という方式を通じて発現しただけで、
『通商専門家で構築された外交安保ラインがしっかり対処できなかった』という
指摘に同意することはできない」と話した。彼は続けて「青瓦台は各官庁を
はじめ企業とも緊密に疎通している。一部で『対策がない』と批判しているが、
正確には『無対策ではなく無対応戦略』と強調した。
https://japanese.joins.com/article/279/255279.html

18 2019/07/07(日) 01:22:32.23ID:jaBh1QaI0.

歯みがき粉のキャップを締める仕事をクビになりました
チョコも買えない…

72:2019/07/08(月) 12:16:48.08ID:51+SgqBv0.

87:2019/07/08(月) 14:01:32.22ID:oDJlIsFw0.

民主党政権時の見守ると円高放置してたの思い出したわw

38:2019/07/08(月) 11:33:27.69ID:nffElkMi0.

こんな無能がいるのかよw死ぬぞ

88:2019/07/08(月) 14:02:41.08ID:Ahs7AN+30.

無知の知みたいなもんか?

75:2019/07/08(月) 12:23:07.21ID:LJqDkUNg0.

策がないのが策
それがウリナラエクスペリエンス・レクイエム

9:2019/07/08(月) 11:22:37.91ID:Ytke29LZ0.

何もしない理由が何一つ語られてないんですが

コメント

↑コメントは名前欄が空白だと名無しになります。↑