【「都合の悪い者」陥れる官邸のフェイク】『新聞記…

1:2019/07/06(土) 18:48:12.88ID:5LRcM2hI9 https://news.yahoo.co.jp/byline/shivarei/20190705-00132919/

「都合の悪い者」陥れる官邸のフェイクー『新聞記者』のリアル、望月記者らに聞く
志葉玲 | フリージャーナリスト(環境、人権、戦争と平和)
7/5(金) 11:59

 話題の映画『新聞記者』(監督:藤井道人)を観た。本作は、官房長官記者会見での活躍で知られる東京新聞の望月衣塑子記者の著作『新聞記者』(角川新書)を元に、映画プロデューサーの河村光庸さんが企画製作したもの。森友・加計問題や財務省職員の自殺、「総理に最も近いジャーナリスト」とされる元TBS記者による性的暴行疑惑もみ消しなど、この間の安倍政権にからむスキャンダルを連想させる要素がちりばめられ、映画冒頭からラストまで、緊張感を途切れさせず一気に観させる作品だ。劇中には、望月記者や、前川喜平・前文科事務次官、新聞労連の南彰委員長らも本人役で出演している。そこで、望月記者、南委員長に、映画「新聞記者」や、そのモデルとなった現実の日本の政治・社会について聞いた。

 映画の主人公で、東都新聞の若手記者・吉岡エリカ(シム・ウンギョン)は、同紙にリークされた「医療系大学の新設」をめぐる極秘文書の謎を追いかける。本作のもう一人の主人公は内閣情報調査室(通称:内調)で任務につく官僚・杉原拓海(松坂桃李)。政権にとって都合の悪い事実をもみ消すのが、その仕事だ。ある事件をきっかけに内調に疑問を持つようになった杉原は、吉岡の調査取材に協力していく―本作を語る上で欠かせない大きなテーマは、政権による卑劣なフェイクに、いかに記者が対抗していくかというものだろう。そして、映画の中で描かれた、都合の悪い存在を政権側がデマによって陥れようとする謀略は、今、正に現実で起きているのである。劇中に本人役で出演した新聞労連委員長、南彰記者(朝日新聞)は、自身の経験をこう語る。

「官房長官会見での望月記者に対する質問制限に対し、今年2月、新聞労連は抗議声明を出しました。その後、首相官邸関係者が官邸で取材する各社記者達に、私のプライベートについてスキャンダルめいたデマを吹聴していたと、ある記者から聞きました。そうしたデマは、記者メモとして、政治記者の間で共有されていたのです。もっとも、根も葉もない事実無根のデマなので、それが週刊誌などで記事になることはありませんでしたが、新聞労連の声明に対する『報復』としてのイメージ操作なんでしょうね」(南記者)
(リンク先に続きあり)

74:2019/07/06(土) 19:10:03.31ID:M/oRLHcJ0.

被害妄想から出来た映画?

113:2019/07/06(土) 19:29:49.85ID:OYpwBZVh0.

( ・ω・)( ・ω・)( ・ω・) 
腹がいてえ受ける
いまだに新聞と称する
日本売国破壊朝鮮化工作
在日朝鮮寄生ウジ虫
部落穢多朝鮮非人を信じる
購入する馬鹿が受ける

35 2019/07/06(土) 08:40:47.17ID:SaAAhEnz0.

やっぱりクロンボでワロタ

つっかアイスもでけぇ

23:2019/07/06(土) 18:55:00.56ID:dh9jQot60.

×都合が悪い
○めんどくさい

150:2019/07/07(日) 23:12:43.21ID:kWk/A1Wx0.

朝から反日言動新聞

10:2019/07/06(土) 18:51:18.42ID:9KOKsp1j0.

嘘の塊にリアルについて聞いてどないすんねん

コメント

↑コメントは名前欄が空白だと名無しになります。↑