【音楽】玉置浩二の肖像画を横尾忠則が初めて書き下…

1:2019/07/01(月) 23:04:10.70ID:tLIPZrMn9 7/1(月) 18:15 Billboard Japan
玉置浩二の肖像画を横尾忠則が初めて書き下ろし「『命を与える者』の象徴です」
http://www.billboard-japan.com/d_news/detail/77291/2

玉置浩二の肖像画
http://www.billboard-japan.com/common/sys/img/news/00000077/77291/image.jpg

 横尾忠則が書き下ろした、玉置浩二の肖像画が公開された。

 横尾忠則は、2016年以来、玉置浩二×オーケストラ公演シリーズのアートワークのデザインを手掛けてきた。この肖像画は、5年間にわたるフルオーケストラ公演の集大成ともいえる【玉置浩二プレミアム・シンフォニック・オーケストラ“POMAWKA(ロマーシカ)”特別追加公演】のために制作されたもの。
ローリング・ストーンズ、カルロス・サンタナほか、世界的アーティストとの濃密な交流からアートワークを創出し続けた横尾ならではの独自の世界観、深淵な人間観が漂う肖像画となった。

 肖像画について横尾のコメントも到着。「最初は真正面から見た玉置浩二さんの肖像画を描いたが、これは玉置さんじゃないと思った。
その時、阿修羅像の三面体が頭に浮かんだ。そこで玉置さんを阿修羅像にしてしまおうと考えた。『命を与える者』の象徴です」(横尾忠則)

 なお、本作品は7月1日の読売新聞東京支社版夕刊全15段、7月4日の朝日新聞東京支社版朝刊全15段、7月8日発売「AERA」表3と、大型紙面広告に掲載予定。
また、7月17日と19日に開催される特別公演の来場者全員に、肖像画が掲載された特製プログラムやクリアファイルが配布され、会場にて肖像画のポスターが限定販売される予定となっている。

◎公演情報
【玉置浩二プレミアム・シンフォニック・オーケストラ“POMAWKA(ロマーシカ)”特別追加公演】
2019年7月17日(水)東京・サントリーホール
2019年7月19日(金)東京・東京芸術劇場コンサートホール

(以下略、全文は引用元サイトをご覧ください。)

4 2019/07/01(月) 23:07:44.17ID:fX76jaJZ0.

過大評価の典型
普段めちゃくちゃな行動してるやつが歌ったらまあまあ上手くて評価三倍増し
たかじんと同じやり口

142:2019/07/03(水) 00:40:38.71ID:vlYMpmpv0.

>>140

なら具体的にどうぞ

23:2019/07/01(月) 23:19:35.13ID:4i0/7VoX0.

寺山修司と天井桟敷には横尾忠則いたけど
今の演劇畑にこのクラスの人いるのか?

82:2019/07/02(火) 04:22:45.17ID:3d0bqJhX0.

横尾忠則の絵って
小器用だな〜とは思うけど魂には響かない

64:2019/07/02(火) 02:01:46.18ID:/oKHadPF0.

多重人格者がテーマ?

27:2019/07/01(月) 23:26:04.30ID:5Y90o1cV0.

統合失調症患者って感じ

コメント

↑コメントは名前欄が空白だと名無しになります。↑